東京都練馬区 バレエスタジオ バレエ団 ピッコロ 松崎すみ子
コンテンツ

小原 孝司

小原 孝司

1978年劇団ひまわりを経てバレエ団ピッコロへ入団、松崎すみ子に師事する。
以後バレエ団の国内・海外公演に全て参加し、松崎すみ子の、芸術祭賞、橘秋子賞特別賞等の受賞作品を含む数々の創作バレエにおいて主役、準主役を演じる。
(「含蓄」小林秀雄役、「トパーズいろの香気」高村光太郎役、「ドラキュラ+赤い靴」ドラキュラ役、「旅芸人」座長役、「幻覚のメリーゴーランド」「メアリーポピンズ」「ドロシー」「ゆがんだ真珠」、「オンディーヌ」水界の王役、「夜叉ヶ池」晃役など)
また、新国立劇場オープン公演では、ゲストとして、古典バレエ、モダンダンス、創作バレエなどすべてに出演し、その後、新国立バレエ団シニアアーティスト登録ダンサーとなる。(「眠れる森の美女」カタラビュート役、「ペトルーシュカ」、庄司裕振付作品、石井潤振付「梵鐘の聲」─平家物語より─後白河法皇役、「十二夜」、「ロメオとジュリエット」など)
その他、日本バレエ協会、現代舞踊協会、埼玉県舞踏協会などの主催公演をはじめ、バレエ、モダンダンス、創作日舞など広く演技派ダンサーとして活躍する。(「卒業舞踏会」老将軍役、「白鳥の湖」ロットバルト役、「眠れる森の美女」カラボス、王様役、「くるみ割人形」ドロッセルマイヤー役、「コッペリア」コッペリウス役、「ジゼル」クーランド公役、「シンデレラ」父親・義母役、「ドン・キホーテ」ドン・キホーテ・ガマーシュ、ロレンッオ役、石井潤振付「泥棒詩人ビィヨン」代官役、「ドン・キホーテ」セルバンデス役、庄司裕振付「家族の晩餐」、米井澄江振付「ささやかに幸せ」、「サウンズ」、平田実千子振付「アンクル・トム」トム役、石井晶子振付「壁画」、「食卓」、横山慶子振付「天地」二代目西崎みどり公演「アマテラス」スサノオノミコト役、本間祥公振付「聖母の泉」他)2002年第28回橘秋子賞助演優秀賞受賞。

現在、バレエ団ピッコロ教師・(公社)日本バレエ協会会員・(社)現代舞踊協会会員・新国立バレエ団登録ソリスト。

コンタクト

園の資料請求・ご相談やご見学など、お気軽にお問い合わせください。

  • 03‐3972‐1476
  • お問い合わせ